カテゴリー「ビフォー&アフター」の投稿

2013年4月 2日 (火)

花壇に・・・

ここ最近寒くなったり温かくなったりしていたので、花壇を気にしていたら・・・

2013040202昨年植えた枝垂れ桜が花を咲かせてました。

一昨年の震災前には、新しく作った花壇には金木犀しか植えてなくて、殺風景でしたが、放射能の問題や復旧復興の関係で、ほったらかしにしてました。

1年経ち昨年の梅雨前にあまりにも金木犀1本だけしかないので枝垂れ桜を追加しました。

2013040207

震災による放射線汚染を地元の市が除染してくれたので、花壇の土は地表3cmほど山砂と入れ替えられました。本当は剪定される予定でしたが、枝垂れ桜は震災後に植えたので、選定なしにしてもらいました。というのも剪定されたら開花初となる今年に花が咲かないかもと思ったので・・・

まだ枝垂れ桜は若木なのと昨年植樹したので、花が付いた枝は結局3本くらいで、今年は寂しいくらいですが、いつかは凄い枝ぶりになってくれることを願っています。





| | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

猫部屋ビフォー&アフター⑧新真猫部屋その七

新真猫部屋その七ですが、パーティーションで部屋を分けれるようにしました。また、分けることで孤立した空中部分に行けるようキャットウオークを追加設置しました。

2012061001部屋を分ける最大の理由は、繁殖の管理の為です。

通常のら猫なんかは、一年に一回春に出産するそうなんですが、飼い猫の場合は日ごろの栄養状態が豊富だったり、餌を得る労力がかからないので年に三回出産が可能なようです。(二ヶ月間ぐらい妊娠していて、出産後一ヶ月くらいすると妊娠可能になるようです)
私の考えでは、連続して出産すると母体に対する影響が大きいので、一年に一回くらいが最低ラインかなと思っています。

子猫を量産して販売する気は今のところ無いのでと言うか、販売するのには市町村の許可を取らないと違法になってしまいます。またその許可を得るには資格を持ってる必要があるので無理です。

また毛色の遺伝も少し勉強しましたので、現状のルビィ君・サファイア姫の組み合わせからは、たぶんレッド系が生まれず、ブラック系(ブルーも含む)の♂か三毛の♀しか生まれない感じですので2~3回くらい出産してもらったら去勢・避妊を行う感じで考えてます。

2012061002完璧に仕切っちゃうと色々不都合があるので、450*1800のメッシュパネル2枚で折りたたみ式のドアを作りました。ただ今のところ仮運用中で使い勝手の悪いところには手を入れていく予定です。
昨日なんかはトパーズ姫がどうにかこうにか侵入に成功していました。ベンガルのチビ達は軽いので金網を上までクレイジークライマーのごとく昇っていくことが可能なので、たぶんドアの上部の隙間から侵入した模様です。なので、今後そこをふさぐ予定です。
2012061003
部屋を半分に仕切った結果、ケージの上のスペースに上がる方法が無くなったので、反対側の壁から来れるようにキャットウオークを追加設置し、ドアの上部を通路にしました。これで行動できるスペースが劇的に増えました。

今の所は4匹で一緒に生活していますが、サファイヤが出産したらルビィ君のみパーティーションで仕切られる生活になる感じです。

同じ♂のオニキス君は体が小さく、成長が遅い感じですのでこのまま他のベンガルと遊ぶことでしっかり大きくなってもらいたいです。

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

猫部屋ビフォー&アフター⑦新真猫部屋その六

新真猫部屋その六ですが、キャットウオークを設置しました。

2012052604
昨日、日曜大工ならぬ土曜大工で1時間かからず工事、掃除を終えました。

キャットウオークの取り付けですが、猫ケージのある壁の向い側にはキャットタワーが1棟あるだけだったので、高さを有効利用しようと・・・

ですが、当家のルビィ君は5.4kg、サファイア姫は4kgもあるので2匹で乗っても大丈夫なように作る必要がありました。

なので壁中のコンパネを留める木材(間柱)に、木ビスが当たるようにL型のアングルで上下からキャットウオークとなるコンパネを挟んで固定しました。コンパネはちょうど猫ケージの天井部分を覆った残り端材が290×900mmあったので簡単に済みました。電気工事屋なんで電動工具があるのでスムーズ作業は進み、無事に完了しました。

(v^ー゜)ヤッタネ!!

2012052607
とりあえず大きいルビィ君もゆったり寝転がれるようです。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

猫部屋ビフォー&アフター⑥新真猫部屋その五

新真猫部屋その五ですが、換気扇を設置しました。

2012050807

取り付けた換気扇はQ-hiファンと言い、居室に常時換気を義務付けた改正建築基準法に対応できる換気扇で、冷暖房時の排気で損なう熱を効率よく回収する熱交換形です。

簡単に言うと、部屋の温度が外よりも高いときは、部屋の暖かい空気を外に出して、外の冷えた空気を入れることで、室温の上昇を防ぎ、部屋の温度が外よりも低いときは、部屋の冷たい空気を外に出して、外の暖かい空気を入れることで、室温の降下を防ぐ感じです。

あまり冷房を多用すると猫達も調子悪くなりそうなんで、一段階やさしい温度調節装置を導入しました。

また、この換気扇には、フィルターに添着したスーパーアレルバスター、緑茶カテキンで花粉などのアレル物質やウイルスの活動を抑制し、さらにバイオ除菌浮遊菌等を除去してくれますし、ルーバーは光触媒コートを採用してるので照明等の紫外線で汚れを分解してくれます。

詳しくは・・・http://panasonic.jp/kanki/kichofan/index.html

http://panasonic.jp/kanki/qhi/index.html

2012050806
また廊下と屋根裏には屋根裏換気システムというものを設置しました。

うちは古い住宅を購入し、リフォームしたので、屋根の形状等はいじりませんでした。

茶色いトタン屋根ですので、太陽の熱で屋根裏が大変温まり、それに伴い2階は蒸し風呂状態になります。

なので、屋根裏の暖かい空気を強制的に外に吐き出すことによって、室温上昇を阻止することが出来るようにしました。もう一段階やさしい設備を設置しました。

詳しくは・・・http://panasonic.jp/kanki/yaneura/index.html

まあ実家の稼業が電気工事屋なんでここいら辺の設備は手軽に増設です。

(◎´∀`)ノ

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

猫部屋ビフォー&アフター⑤新真猫部屋その四

新真猫部屋その四ですが、キャットタワーを移設しました。

2012042812
猫ケージの正面に単独で旧猫部屋より移設し設置しました。ついでに猫が引っ掻きまくり糸がボロボロ出ているソファも。

普段は気にして無かったのですが、新真猫部屋は旧猫部屋の隣なのですが、天井が10~15cmほど低くなってるようでキャットタワーがギリギリ設置出来る感じでした。

※ご覧頂けるようにこの部屋にはエアコンが完備されてるので4月29日~5月1日の猛暑をのり過ごすことが出来ました。

で、もうひとつ新しいのも設置しました。

2012042809
こちらは猫ケージの上に昇る階段として猫ケージ脇に設置しました。ついでに洗面台へも・・・

こちらはこの前楽天を見ていたら、タイムセールで激安になってたのでつい買っちゃいました。最初は猫達は、板が小さくて怖かったのか、なかなか乗っかろうとはしなかったんですが、今ではガンガンに飛び乗っています。

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

猫部屋ビフォー&アフター④新真猫部屋その三

新真猫部屋その三ですが、猫ケージの上部を活用して、猫に必要な縦に活動できるスペースと、猫の生活に必要な餌とか猫砂とか、遊び道具等をしまえる部分を作りました。

まあそのままだと上部の空間がもったいないのと、耐震対策が取りにくかったので・・・

2012042820
2012043003
猫ケージの上部はメッシュになってるので、ホームセンターでコンパネを天板と同じ幅に切ってもらい敷き詰め、カラーボックスを色々な形に設置し、それを100円ショップで購入した万力で繋ぎ、要所を耐震突っ張り棒で天井と繋げました。ちょうどカラーボックスの幅が天板の半分くらいなので、前半分はキャットウォークとして自由に使えます。またカラーボックスの上も活用できるようになってます。

カラーボックスに餌の袋や猫砂、遊び道具を入れると猫が勝手に出してしまうので内ボックスに入れ、それを簡単に出せないように同様に100円ショップで購入した金網とOリング、電線の針金(赤)で蓋を作成しました。

真ん中のカラーボックスには、籠がギリギリ入りましたので、写真では見難いですがダニ駆除の薬剤とペットの臭いを消臭する芳香剤を入れてあります。

そのまま置くと遊び道具にされちゃうので・・・

ところどころ開いてる場所ではサファイア姫がその時の気分で寝床にしてます。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

猫部屋ビフォー&アフター③新真猫部屋その二

新真猫部屋その二ですが、旧猫部屋にあった3階層の猫ケージを移設+足し増しし、個別に広々と使えるように組み合わせました。

2012042803一番右側に前から使ってた猫ケージをきれいに掃除し設置。ちなみに1棟3階層使えるようになってます。

2012042802
部屋の入り口部分には猫ケージを2個L字型に設置し3つ並べました。

※3つ同じ方向には長さ的に入らなかったんで1つだけ横にしました。2012042819
こちらの2つですが、重なる部分は壁を改造し、横に抜けれるようにしました。

なので1階層部分と3階層部分は横につながり、2階層はそれぞれどちらかの上層・下層階につながっているので、こちらの棟も3部屋使えるようになってます。

というのも、あと2週間しないうちに新メンバーが加入する予定なのです。

前々から予定していたのでそれを踏まえて猫ケージを2個追加したのでした。

追加加入メンバーについては追々ご紹介できればと・・・

| | コメント (0)

2012年4月30日 (月)

猫部屋ビフォー&アフター②新真猫部屋その一

まだ一部工事が終わってないので完全に完成していないのですが、一応、新真猫部屋の全体像が見えてきたので小出しに紹介していきます。

2012042317旧猫部屋の隣の部屋は作り上、階段の上になる部分があるのでそこの床が20cmほど他より上がってしまい、活用しづらい部屋でした。
2012042702
そこに洗面台を設けることで、階下から飲み水を持ってきたり、食器やトイレ等の洗浄をスムーズにしたり、猫達をシャンプーしたりする事が手軽にできるようになりました。

このカーテンの外壁面の下に、エコキュートが設置してあるため、水と温水の配管を簡単に引き込め、1日で工事完了しました。

当家の猫達はメインクーンという種類の猫なのですが、色々なメインクーンのブログを読むと、水が好きな性質やひんやり涼しいということで、キッチンのシンクや洗面台のボウルの中で寝たり、勝手に水を出して飲んでいる(出すだけで止めれないので流しっぱなし)との情報が・・・その結果、ビタビタの猫がそこいら辺を水浸しにして大変だと。

2012043002そこで、プラスチックの芝生状のメッシュパネルを置き、水がなるたけ足裏に付かないようにし、カシャカシャする音と踏んだ感触で立ち入りや睡眠を忌避させようとしました。

今のところボウルの中に長時間居たり、水を出すようなことはないのですが、お手柄!?の行動をする猫が・・・

なんとうちのルビィ君ですが、ここをオシッコする場所にしちゃったようです。

ウンチは猫砂に隠す必要あるのでちゃんとトイレにしているようですが、私が色々作業をしているときに目の前で、洗面台のボウル上でオッシコの体勢に。

(ノ∀`) アチャー

うーん、簡易水洗トイレになっちゃいました。2匹ともここでしてくれるならスーパーミラクルなんですが。確認できたのはルビィ君だけでサファイア姫は・・・たぶんトイレだろうな・・・

(*^ー゚)bグッジョブ!?


| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

猫部屋ビフォー&アフター①旧猫部屋

うちの2匹のデカ猫の居る猫部屋ですが、猫が暮らすには不便な部屋なんで仮の住まいとして使っていました。

P3140551_2


もとはと言えば、客間にしようかと内装を和風にしただけで他の部屋に合わない家具類を置いてただけでした。

(A;´・ω・)アセアセ

2012042311
2012042312
そこに多頭用の猫ゲージを置き、キャットタワーを設置しました。

しかし基本的にこの部屋に冷暖房機器を付けていなかったので、暖をとるのにストーブ等では私が不在の際に猫が火災等にあうと困るので、ホットカーペットで暖房にしていました。

でもこれから暑くなると屋根から来る熱気とあいまって、2階は灼熱地獄になります。

それでなくても長毛種で寒いところ大好きのメインクーンは、夏は苦手で溶けちゃいそうにグテッとしてるので、別の部屋を「新の」「真の」猫部屋に現在改装中です。

次回からはちょこっとづつ新(真)猫部屋の様子をご紹介します。


| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

劇的!?!?ビフォー&アフターその⑲書斎の秘密

いろいろとバタバタしててブログ書く暇ありませんでした。

家の方も完成はしていたのですが荷物が片付かなかったり、震災もあり適当な暇がなかったので今まで時間がかかってしまいました。

(A;´・ω・)アセアセ

私の書斎の秘密ですが・・・

Dsc02326 Dsc02327

なんと室内にバイクを停めれるように作ったのでした。

※バッテリーが調子悪いため充電中なのでシートが外してあります

クッションフロアーから約40cm程度低いタタキをコンクリートで作り、外から車庫として使えるようにしました。

そしてこれから夏ということでイグサマットと畳ベッドを椅子兼小上がり風に配置し、パソコンしながらバイクも眺めれる感じです。

写真に写ってるブラウン管テレビは福島県は震災で地デジが延びたのでそのうち取り換える予定です。

バイクは北海道の室蘭で大学4年生の時に買ったマグナ250ccです。
中型以下なので車検が無いため重宝してますがさすがに16年もたつので屋外でカバーでの保管はいかがなものかと・・・

| | コメント (2)

より以前の記事一覧