« 台湾飽食記2013年度-12 | トップページ | 台湾飽食記2013年度-14 »

2013年8月16日 (金)

台湾飽食記2013年度-13

蛇料理の続きですが、お店の名前を紹介するの忘れてました・・・

今回お邪魔したのは「亞洲毒蛇研究所」さんでした。

昨日の【全組五項250元】の残りは・・・

2013061631

【蛇肉清湯】です。蛇肉と骨からとったスープです。

香り付けや風味付けとして中華の漢方であるクコの実や干しナツメの実とかが入っており、

あっさりした味わいでとても美味しいです。

2013061633蛇肉ですが、とても骨が多く食べづらいです。

そしてスープに出汁が出ちゃってるので、味の方はいまいちで、煮戻し過ぎた干したらの身をかじってるようです。

別の料理その1

2013061637【現烤蛇肉】という、蛇肉の照り焼きです。

照り焼きと言っても飴がけしたような感じでパリパリを通り越して、パキパキの硬さで食べ辛いです。

こちらの肉も骨が多くて、固く焼きしまってるので正直、美味しいって感じはしないです。

次回にとても美味しかった蛇料理が登場です。

|

« 台湾飽食記2013年度-12 | トップページ | 台湾飽食記2013年度-14 »

訪台日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾飽食記2013年度-12 | トップページ | 台湾飽食記2013年度-14 »