« 我が家のデカ猫成長日記-34 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-36 »

2013年4月21日 (日)

我が家のデカ猫成長日記-35

本日2013/04/21の体重です。

朝寒いなと思って外見たら雪が積もってました。
カーテン開けて猫達に雪見せたらじーっと見てました。

まず【メインクーン組】

【ルビィ】君♂:生後1年8カ月と2週間で5.16kgでした。
(前回より0.02kg軽くなった)
最近目ヤニが付いてることが多いのですが、なかなかまともにふかしてくれない所だけお茶目です。
縞模様の薄い毛色が無ければちっさいライオンのような感じなんですが・・・
2013042105金網越しのルビィ君・サファイア母さん2ショットです。

【サファイア】中性:生後1年7カ月と1週間で4.73kgでした。
(前回より0.01kg大きくなった)
他の人のブログでも見ましたが、ブルーの毛色の原因になっているダイリュート遺伝子は、黒や赤系の毛色に比べて毛が細くて腰が弱いので、体にぴったりとしていることが多くほっそり見えるという点があるようです。

2世代目3匹まとめて・・・:生後201日目。
【ネフライト(軟玉)】君♂:
誕生110g→190g→290g→390g→430g→
1カ月490g→520g→610g→760g→
2カ月860g→1090g→1270g→1430g→1650g→
3カ月1830g→2040g→2260g→2450g→
4カ月2580g→2750g→2930g→?→
5カ月3150g→3380g→3560g→3750g→
6カ月3860g→3970g→4010g→4080g

【パイライト(黄鉄鉱)】君♂:
誕生100g→210g→320g→450g→550g→
1カ月530g→760g→1000g→1130g→
2カ月1230g→1390g→1720g→1870g→2150g→
3カ月2290g→2370g→2640g→2680g→
4カ月2880g→2970g→3150g→?→
5カ月3340g→3550g→3660g→3800g→
6カ月3960g→4070g→4130g→4250g

【ジェット(黒玉)】君♂:
誕生 90g→180g→270g→340g→430g→
1カ月470g→540g→720g→810g→
2カ月930g→1120g→1310g→1490g→1660g→
3カ月1780g→2060g→2270g→2440g→
4カ月2650g→2770g→2930g→?→
5カ月3130g→3350g→3480g→3590g→
6カ月3730g→3890g→3950g→3990g
3匹は毛色のブラウンタビーが共通しているのですが、それぞれちょっとづつ違いがあります。
長男(ネフライト)全体的に黒が強く、腰の毛に脂の分泌物が多いので、ゴワゴワになってます。
三男(パイライト)全体的に黒が薄く、脂っ毛が少ないのか全体的にモワッとしていて大きく見えます。
四男(ジェット)肢先まで黒い(肉級も真っ黒!)のと模様が縞々ではないので締まって見えます。
2013042103間違い探し・・・どの猫が兄弟ではないでしょうか?

【ムーンストーン】姫♀:生後1年と1カ月と1週間で3.15kgでした。
(前回より0.07kg軽くなった)
抜け毛で首回りがすっきりしてきたのですが、前回毟ったところが悲しい感じで目立つようになりました・・・
毛色はブラウンパッチドになるので、黒と茶色の縞々に赤とクリーム色の縞々がところどころ混ざります。
というのもこの黒系と赤系の遺伝子は同格なので、その場所その場所でどっちの色が出るのか偶然で決まります。でもやっぱり黒が一番目立つのでタヌキのように見えます。

次に【ベンガル組】

【オニキス】君♂:生後1年と1カ月と1週間で2.54kgでした。
(前回より0.01kg軽くなった)
真っ黒な猫に見えますが、太陽の光の下等で見るとセピア色に見えることが・・・なので毛には黒色だけは無くその他の色も入っており、何段かになっているようです。
2013042112本当は大型種の猫なのに、3匹ともちっさいベンガルズです。

【トパーズ】姫♀:生後1年と1カ月と4週間で2.74kgでした。
(前回より0.01kg軽くなった)
隙あらばルビィ君の所に行こうとするので困ったチャンです。
ロゼッタ(大理石)という豹柄が綺麗に出てるので、同じような綺麗な柄で大柄のオスか、シルバーのオスが居れば・・・

【ミーアシャム】姫♀:生後11カ月と1週間で2.23kgでした。
(前回より0.02kg軽くなった)
ベンガルの交配データがあまりネットに乗ってないのでシールリンクスとメラニスティックでどんなメンデルの法則になるのか不明です・・・
猫の交配には折れ耳スコティッシュフォールドや短足マンチカンのように優性遺伝子どうしで交配すると致死遺伝子となるという説があります。
ベンガルは歴史が無いので、不明なことが多いので悩むところです。

|

« 我が家のデカ猫成長日記-34 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-36 »

デカ猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のデカ猫成長日記-34 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-36 »