« 台湾飽食記-13 | トップページ | 台湾飽食記-15 »

2012年12月28日 (金)

台湾飽食記-14

北京ダックでお腹いっぱいになっているところに来たのは・・・

2012112931_s「牛肉麺」【ニュウロウミェン】です。

上に肉と野菜がのかっり過ぎで麺が見えません。

2012112932_s_7なので・・・下から麺を引っ張り出してみると、なんとうどんのごとき太さです。

プチトマトもいっぱい入ってました。

なんともすごいボリュームです。

味は、少し濃いめの醤油と肉出汁の・・・日本で言う「肉うどん」にときどきプチトマトで酸味が足される麺料理って感じでした。美味しいですけどラーメンという感覚ではないです。

2012112933_s_7最後に来た料理は、一悶着ありました。

というのも、スープを1個しか頼んでないのに2個来たからです。

ウエイターを呼び、通じない英語で確認すると、確かに頼んでると。

伝票やメニューを再度見てみると、どうも上の料理は「ヘチマと網傘茸の炒め物」と言うことが判明!

でも見た目完全にスープです。なので、お互い言葉が通じないため身振り手振りが加わり、結構大変でした。

味は淡かったですが、網傘茸のザクザクした食感と、きゅうりとゴーヤに似た食感のヘチマで、面白い取り合わせでしたが、見た感じスープなのでゴクゴク飲んじゃいました・・・

なので、炒め物を食べたという気は全くないです。

下はスリ身団子と野菜のスープです。最後に胃を落ちつけてくれる更に優しい味でした。

今回でひとまず北京料理は終わりになります・・・

|

« 台湾飽食記-13 | トップページ | 台湾飽食記-15 »

訪台日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾飽食記-13 | トップページ | 台湾飽食記-15 »