« 我が家のデカ猫成長日記-17 | トップページ | 台湾飽食記-03 »

2012年12月 3日 (月)

台湾飽食記-02

屋台でスープ無し小籠包を食べた後は、その近くの小籠包で有名なお店に。

有名と言っても「鼎泰豊」は観光客が多いので違うお店に・・・お店の名前は「金品茶楼」です。

食べたい物とビールを頼むと・・・

2012112804_s

目の前にある小皿に針ショウガがはいってるので、そこにお好みで醤油と黒酢をいれて、蒸す10分間ほど台湾ビールを飲みながら待ちます。

2012112806_sすると一番最初に持ってきたのは一見普通の小籠包に見えますが・・・

2012112808_s
オレンジ色のツブツブが見えるでしょうか?

「蟹粉小籠包」というカニの卵カニミソが練りこまれた小籠包です。

味は濃厚な肉汁の奥の方にかすかに蟹の姿が見える!?って感じでした。

熱々で口の中を火傷するかと思いましたが、レンゲを使わずそのままタレとショウガと一緒に食べても、程良く熱いスープが口の中にたっぷり流れ出し、大変美味しゅう小籠包を堪能できました。

ビールで口の中の温度を下げ下げ、あっというまに8つたいらげちゃいました。

たいへん「好」「好」です。

|

« 我が家のデカ猫成長日記-17 | トップページ | 台湾飽食記-03 »

訪台日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のデカ猫成長日記-17 | トップページ | 台湾飽食記-03 »