« 猫とブリーダーと血統書 | トップページ | 子猫達の性別と毛色 »

2012年10月14日 (日)

我が家のデカ猫成長日記-10

本日2012/10/14の体重です。

まずメインクーン組

ルビィ君♂:生後1年2カ月と1週間で4.98kgでした。(前回より0.04kg大きくなった)
相変わらずのんびりしてます。
のんびりしすぎて、オニキス君に尻尾をじゃれられ逃げ回るはめに。
他の人でも対応が全然変わらず、お客さんにも愛想が良いので超人気者です。

サファイア姫♀:生後1年1カ月で4.07kgでした。(前回より0.10kg軽くなった)
毎日5匹におっぱいをあげてるのでご飯と水を飲む量が多いです。

文句も言わず育児拒否もしないでせっせと鳴いてる子猫を舐めてあげたりおっぱいあげたりと大忙しです。
本当にツンデレな♀猫特有の気まぐれな性格から、凄くお母さんに変わりました。
(*^ー゚)bグッジョブ!!

アイオライト(エビ改め)ちゃん♀:生後4カ月で2.59kgでした。
(誕生:140g→280g→390g→480g→
1カ月530g→650g→920g→1110g→1250g→
2ヶ月1410g→1530g→1730g→1870g
3ヶ月2000g→2090g→2220g→2320g→
4ヶ月2590g
アイオライトは今のところ毎日元気で、サファイア母さんの同年齢と比べても結構大きいです。
病気が進行したときにすぐに気が付けるように、看護士(男です)の友人から本物の聴診器(使い古し)をもらい、現在猫達の心音を聞いてみて勉強中です。
飲み屋で会った時に聴診器を渡してもらったので、もう少しでお医者さんごっこが始まるとこでしたwwwヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2世代目5匹まとめて・・・:生後12日目
2012101308_3
セカンド:110g→120g→130g→?→160g→170g→190g→ ?→210g→230g→240g→250g→270g
サード :120g→120g→140g→?→170g→180g→190g→ ?→210g→230g→260g→280g→290g
フォース:100g→110g→140g→?→170g→190g→210g→ ?→210g→240g→260g→280g→290g
フィフス:100g→100g→120g→?→140g→160g →170g→ ?→180g→170g→170g→170g→170g
シックス: 90g→100g→130g→?→150g→170g→180g→ ?→190g→210g→220g→230g→240g
最近3匹はみるみる大きくなってくのですが、残りの2匹のフィフスの方はここ1週間ほど体重の増減が無い感じで、他に比べると一回り小さく見えます。
どうもくしゃみをしている感じなので風邪をひいたのかもしれません・・・
それで目ヤニと鼻水で顔がカピカピになっています。
なので昨日よりペット用のウェットティシュで顔拭きと強制的に子猫用のミルクを給仕しています。
これで少しでも成長が改善してくれれば。

ムーンストーン姫♀:生後7カ月で2.39kgでした。(前回より0.11kg大きくなった)
血統書の色がいい加減な感じなので、他の事も全て疑われてきてしまいます・・・
血統書を信じるとすると、一応本来2匹いるはずの祖母が同じ名前なので、ムーンストーンの世代でインブリードしたようです。
この場合、良い血筋を残そうとしたというより、雄だけ変えて産ませた子供達を更に掛け合わせたようにしか感じられません・・・
まあムーンストーンには罪は無いし、小さい個体ですが懐っこく可愛いので大事にしていきたいです。
次にベンガル組
オニキス君♂:生後7カ月で2.13gでした。(前回より0.01kg大きくなった)
子猫に作ったミルクあげてると、オニキス君も飲みたくて甘えた声で寄ってきます。
普通ならサカリになってもおかしくない状況なのに、まだまだ子供でいるようです。
子猫を見せると威嚇するので、精神的にも子供のようです。orz
トパーズ姫♀:生後7カ月と4週間で2.64kgでした。(前回から0.06kg大きくなった)
トパーズは子猫を見たり、世話をしたりには興味が無いようで、ミーアシャムやムーンストーンと追っかけっこをしている方が好きなようなので、まだまだサカリがきそうに無いかな??
ミーアシャム姫♀:生後5カ月で1.96kgでした。(前回より0.14kg大きくなった)
トパーズが同時期の頃2.12kgあったのでだいたい同様の成長をしているようです。
ですが、一緒に遊ぶ仲間が多いのでトパーズよりもしなやかな体になってる感じです。
また、ベンガルズでは誰よりも懐っこいので、お客さんでも触ることが出来るので人気です。
それに毛色が凄く綺麗で肌触りが良いので、抱っこする人はメインクーンとベンガルの毛並みの違いを体感できるので、貴重な存在です。

|

« 猫とブリーダーと血統書 | トップページ | 子猫達の性別と毛色 »

デカ猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫とブリーダーと血統書 | トップページ | 子猫達の性別と毛色 »