« 我が家のデカ猫成長日記-07 | トップページ | ツチノコ発見!! »

2012年9月23日 (日)

アイオライトの先天的な心臓疾患

2012092302

生後2カ月と生後3カ月の健康診断で、アイオライトの心音には雑音が入っているので、なんらかの先天的な心臓疾患を持っているかもと当家の担当獣医に言われていました。

またHCM(肥大型心筋症)の遺伝子検査でもアイオライトは、ヘテロろと言うことで遺伝子を持っていました。

上記の2要因はたしかにありますが、現在の所元気で異常があるようには見えません。このまま大事に至らずに成長して、大きくなってくれればと思うのですが・・・

昨日、先週患者が多くて詳細な検査を受けれなかったので、出直してきました。

やはり「聴診器をあてると、甘えたゴロゴロとは違う雑音が聞こえる」とのことで、心エコー(カラードップラー)検査で心臓の具合を見てもらったところ、肥大型心筋症に由来した先天的な心不全とのこと。orz

4つある心臓の弁のうち、少なくとも2つで逆流が起こってるそうです。

1か所が右心房→右心室で、もう1か所が左心室→大動脈だそうです。

とりあえずまだ生後3カ月を過ぎた成長期なので、1月後に再度検査をすることに。

というのも、アバラの間から心臓に超音波を照射するので、成長したほうがより骨の隙間から、色々な角度や詳細に検査できるのです。

今はアイオライトは元気で猫同士でじゃれ合ってますが、成長するにつれて心臓も成長します・・・

この病気は、全身を巡る血の中の酸素が各所におっつかなくなったり、肥大した心筋でうまく血を送り出せなくなったりしてチアノーゼになったり、滞留した血から血栓が出来て下半身不随になったりして、いきなり死んじゃうことが多いそうです・・・(p´□`q)゜o。。

今は何ともなくても、育つにつれて心臓も悪くなるので、薬を使って今のうちから緩和することにし、昨日からフォルテコールと言う下記の効能のある薬を飲み始めました。

「・血管拡張薬として働き、血管を弛緩させ、血圧を下げる効果」

「・心臓に問題のある動物の心筋を損傷させたり、塩貯留を起こす有害な化学物質やホルモンの濃縮を減少させる」

とりあえず様子を見ながら、状態を見ながら、出来るだけ長生きしてほしいです。

(人><。)

|

« 我が家のデカ猫成長日記-07 | トップページ | ツチノコ発見!! »

デカ猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のデカ猫成長日記-07 | トップページ | ツチノコ発見!! »