« 我が家のデカ猫成長日記-04 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-05 »

2012年9月 2日 (日)

メインクーンにおける肥大型心筋症(HCM)について

「ん~?心雑音が聞こえるな・・・」

先日、当家のエビちゃんをワクチン接種及び健康診断に行った際に獣医の先生から上記のセリフが・・・

「あちゃー!?」と思い、「肥大型心筋症(HCM)ですか?」と聞くと、HCMは心雑音がしないことの方が多いそうで、たぶん違う心臓関係の病気があるかもと。

猫の場合は体が小さいので、超音波検査、エコー検査、カラードップラー検査等をする際に十分に育ってないとアバラが邪魔して骨の間から心臓の形や異常を見ることが難しいそうです。

エビちゃんはメインクーンと言う種類と言うこともあって成猫にも負けない体格ですが、やはりアバラの隙間が狭くて、カラードップラーで検査してもらいましたが原因究明には至りませんでした。

今後は成長に応じて検査を行い、予後を観察となります。

本来ならもらい手もおり、お嫁に行く3日前に上記の結果となり、急転直下で家に残ることに・・

( ´;ω;`)ブワッ

でも、成長して心雑音が消えて検査も異常なければ・・・と思ったのですが

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

さて肥大型心筋症(HCM)ですが、これは猫だけではなく人間なんかにも当てはまる病気なのですが、左心室の筋肉が厚くなり正常に収縮できなくなってくることで、血流量が減ったり、血栓が出来たりしていきなり心不全を起こし死亡する原因になります。

大型のメインクーンやラグドールなんかに多い病気で、メインクーンとアメリカンショートヘアーでは遺伝することが判明しているそうです。

ただこの病気は、遺伝子を持ってるからと言って必ず発症するわけではないし、遺伝子を持ってなくても全ての猫が5%位の確率では後天的な心筋症にはなるらしいです。

この遺伝子を検査すればこの病気の遺伝子を持っているかがすぐ分かるので、突然死んでしまう病気を回避するために、全てのブリーダーは受けるべきなのですが、以前はアメリカのワシントン大学に口の中の唾液等を送る必要があったためなかなか普及しなかったようです。

私がメインクーンを飼うに当たって、様々なHP等でメインクーンを勉強させてもらったのでこのHCMについては知っていました。エビが生まれ、心臓に病気を持っているかもしれないとなったことで、やはり大きくなってからの検査だけではなく、ちゃんと心配無く生まれて生きていけるように遺伝子検査をしようと思い、再度調べてみたら、なんと昨年の9月くらいから日本でも受けれるようになってました。

福岡県にあるカホテクノさんでメインクーンの遺伝子検査が始まってました。

http://www.kahotechno.co.jp/clinic/index.html

それで、個人で検査できないか問い合わせたところ、やはり病院登録をしないといけないということで、福島県で登録している動物病院を数件教えてもらい、3件目に電話問い合わせをした隣町の動物病院でやっと実施することが出来ました。というのも犬がメインの病院もあるので猫はやって無いというとこが多かったです。

で、これがその結果です。

Hcmgg01ルビィとムーンストーンは(G/G)と言うことでネガティブ、遺伝子を持っていないことが分かりました。
Hcmgc01ですが、サファイア母さんとエビちゃんは(G/C)と言うことでヘテロ、遺伝子を持っちゃってました。(つд⊂)エーン

このHCM遺伝子は優性遺伝なので、1個持ってるだけで能力を発揮します。これが2個だと確率が上がるそうです。

なので、この2匹については今後は遺伝子拡散を防止するために避妊手術をして、心臓に異常が出たかを毎年検査しながら、家に残ってもらうことが決定しました。orz

ペットショップからやってきた2匹が遺伝子を持ってなくて、ブリーダーから来た1匹が持ってたのがすごいショックです。エビへの遺伝はルビィからだと思ってたので・・・

で、本来ならサファイアを避妊手術しなければならないのですが、念のためエコーで見てもらったところ妊娠してる事が!(ノ∀`) アチャー

これは私のミスなんですが、一度男の子部屋のカギをかけ忘れてたら、サファイアが子供を連れて男の子部屋に遊びに入りこんでたことがあったのです。

嬉しいやら悲しいやらで・・・でもせっかくの命ですから中絶はせずに、もしHCM遺伝子持って生まれたら、エビ同様おうちで生涯を、まっとうしてもらおうと思ってます。

でも、遺伝子を持たずに生まれてきてくれ!と切に願ってます。

余談ですが、一応ブリーダーさんにはメールを送りました。サファイアには同じく生まれた兄弟姉妹がいたはずですし、お父さんかお母さんは確実に遺伝子保有猫なので・・・

これ以上悲しい状況を生まないためにも!

|

« 我が家のデカ猫成長日記-04 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-05 »

デカ猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のデカ猫成長日記-04 | トップページ | 我が家のデカ猫成長日記-05 »