« 復旧中ですが・・・ | トップページ | 発電と停電 »

2011年3月17日 (木)

様子を見るしか・・・

福島県の今後については政府と東京電力の行方を見守るしかできません。

50km以上離れている郡山市では災害の1次対応はほぼ終息してきました。
※1次対応とは漏水や電線切断、電気設備の倒壊による電力停止作業と、どうしても生かしたい回路をバイパスや盛変え(繫ぎ変え)対応することです。

次は2次対応に移るのですが、ここで様々な問題が・・・
・見積、納期確認したくてもメーカーおよび材料屋さんが屋内待機や避難していて出来ない
・特殊な材料の在庫が無いが物流が寸断されてるので入荷しない
・そもそもメーカーの工場が被災していたりして納期が未定
・照明器具だけ落下と言うことは少なく、だいたい天井も一緒に落ちてるため建築関係と一緒に対応が必要だが、被害が多すぎて各社で優先順位が違く対応を合わせるのが難しい
・かりに仮設設置するにしても、本設置含め費用をねん出してもらえるのかと言う不安
・作業するのには重機や運送用の車両が必要だが燃料が十分に補給されない

等など・・・

お客さんや建築会社は出来る事を何とかやってと言われるが、出来ないことが多すぎです。

そこで現地で災害復旧してる身としては、
※政府で正式見解で被災地の作業に不安感をぬぐいさって欲しい
(屋内待機が長引くくらいなら避難させてくれた方が対応しやすい)
※原発問題で輸送が滞ってる部分を政府に解消するよう手を打って欲しい
(福島は放射能で危ないので行かないという業者が運送拒否している)
※燃料不足問題が解消されないと復旧作業どころか何かあった際に避難できない

このくらいは明確に早急に対策して欲しいと思ってます。

地震発生5日目に東電と本部建てたと聞き、遅すぎ!!とか
一昨日に備蓄ガソリンを3日分だけ解放とかも遅すぎ!!とか
昨日に物資が現地に届くように自衛隊に指示とかホントに遅すぎ!!です。
本日枝野さんが「現地に救援物資を送ると混乱するので、まず何が欲しいか聞いてから送って欲しい」って言ってたけど、そんなことしたらそれでなくても忙しい現場に電話が集中して仕事にならないので、逆に政府がそこを調整してスムーズに届けれるようにいっぱいいる民主議員で法案を作るより、輸送師団を指揮するぐらいしろよって感じです!!!!!

|

« 復旧中ですが・・・ | トップページ | 発電と停電 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復旧中ですが・・・ | トップページ | 発電と停電 »