« ナムチム | トップページ | 披露宴編③~2度目の知人招へい、その3~ »

2010年4月29日 (木)

披露宴編②~2度目の知人招へい、その2~

さて4月12日(月)の朝6時ころに起きだしシャワーを浴びたり、朝食を食べたりして宿泊したホテルを出発したのが8時30分でした。
ここで日本人と言うか私の場合は、8時30分には在チェンマイ日本国総領事館のドアのところに居るのですが、そこはタイ人、あんなに早起きした理由は??って感じです。orz
まあ8時40分に着いて行ってみると私たちの前に4組ほど居て順番待ちでした。私たちも整理券を取って待って居ると隣の窓口も開いて2つの窓口対応になったので待つこと10分位で私達の順番が。

とりあえず書類は嫁の母を代表にして私が申請する形にしたのですが、嫁は母の代わりに受け答えしていました。
係の女性は大変綺麗な人なのですが、眉間に皺を寄せ怒った口調で早口でまくし立てており大変残念な感じでした。がまん顔
書類一式を提出するとまずは係員が要る書類と要らない書類を選別しだしました。そしたらばタイのIDカード控えは要らないと戻されました。
嫁の両親及び姉一家は農家で、それも祖母の田圃を借りて耕作しているので身分証明することができないので、私の方がその旨の書類を作っていたのですが、そのことをタイ語で紙に書けと言われて嫁が追加書類を書いていました。
そして一人一人直接本人と名前や住所等の確認をしていきます。
しかしここでタイ人、どう考えても順番になるのにトイレや外に出ようとしちゃいます。嫁はお構いなしなんですが、私が嫁に次に呼ばれるから戻ってくるように言えと言って初めて「そうだね」と気が付き呼び戻します。とにかく全員の面談が終わった時には1時間ほど経っていました。
今回の申請も私の側で旅費を負担するので、私の通帳のコピーや所得証明及び納税証明を提出していたのですが、その場合は本来要らないはずの嫁の両親及び姉一家の通帳のコピーが要ると言われました。
そして、最新の状況でコピーが必要だと通帳記入をしてコピーを取るように言われたようです。また、嫁の外国人登録証のコピーも必要だと言われました。とりあえず他の書類はすべてOKだったので、足りない分以外は保留され、それらをコピーしてきて下さいと言われました。

なので、嫁が姉の夫と二人で近くのバンコクバンク(タイのATMでは記帳できないので)まで車で記帳に行きましたが、翌日からタイのソンクラーン(正月を祝う水掛け祭り)なので道路が渋滞で帰ってくるまでに1時間待つことに。げっそり

やっと帰ってきた嫁と窓口に行ってみると結構な人がおり、整理券を再度取るように言われました。どんどん時間が過ぎていきますが、窓口の受付時間は11時30分までです。13~15日は祝日になるので受け付けてもらえないと4日後にまたチェンマイに来る必要が出てきます。
そんな話をしていると11時20分にやっと順番が回ってきて、さっき受け付けてくれた女性の窓口が開きましたので、コピーを提出すると申請受理票に各人の受付番号シールが貼られ3営業日の午後より結果が分かりますと言われ、申請は完了しました。

最後の最後に私と嫁が窓口の女性に「ありがとう」「サンキューベリーマッチ」「コップンカップ(カー)」と言うと、初めてすばらしい笑顔でにこやかに笑ってくれました。目がハートハート達(複数ハート)

とりあえず次は申請結果に続きます。

|

« ナムチム | トップページ | 披露宴編③~2度目の知人招へい、その3~ »

日タイ婚姻手続編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナムチム | トップページ | 披露宴編③~2度目の知人招へい、その3~ »