« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の13件の記事

2010年4月29日 (木)

披露宴編②~2度目の知人招へい、その2~

さて4月12日(月)の朝6時ころに起きだしシャワーを浴びたり、朝食を食べたりして宿泊したホテルを出発したのが8時30分でした。
ここで日本人と言うか私の場合は、8時30分には在チェンマイ日本国総領事館のドアのところに居るのですが、そこはタイ人、あんなに早起きした理由は??って感じです。orz
まあ8時40分に着いて行ってみると私たちの前に4組ほど居て順番待ちでした。私たちも整理券を取って待って居ると隣の窓口も開いて2つの窓口対応になったので待つこと10分位で私達の順番が。

とりあえず書類は嫁の母を代表にして私が申請する形にしたのですが、嫁は母の代わりに受け答えしていました。
係の女性は大変綺麗な人なのですが、眉間に皺を寄せ怒った口調で早口でまくし立てており大変残念な感じでした。がまん顔
書類一式を提出するとまずは係員が要る書類と要らない書類を選別しだしました。そしたらばタイのIDカード控えは要らないと戻されました。
嫁の両親及び姉一家は農家で、それも祖母の田圃を借りて耕作しているので身分証明することができないので、私の方がその旨の書類を作っていたのですが、そのことをタイ語で紙に書けと言われて嫁が追加書類を書いていました。
そして一人一人直接本人と名前や住所等の確認をしていきます。
しかしここでタイ人、どう考えても順番になるのにトイレや外に出ようとしちゃいます。嫁はお構いなしなんですが、私が嫁に次に呼ばれるから戻ってくるように言えと言って初めて「そうだね」と気が付き呼び戻します。とにかく全員の面談が終わった時には1時間ほど経っていました。
今回の申請も私の側で旅費を負担するので、私の通帳のコピーや所得証明及び納税証明を提出していたのですが、その場合は本来要らないはずの嫁の両親及び姉一家の通帳のコピーが要ると言われました。
そして、最新の状況でコピーが必要だと通帳記入をしてコピーを取るように言われたようです。また、嫁の外国人登録証のコピーも必要だと言われました。とりあえず他の書類はすべてOKだったので、足りない分以外は保留され、それらをコピーしてきて下さいと言われました。

なので、嫁が姉の夫と二人で近くのバンコクバンク(タイのATMでは記帳できないので)まで車で記帳に行きましたが、翌日からタイのソンクラーン(正月を祝う水掛け祭り)なので道路が渋滞で帰ってくるまでに1時間待つことに。げっそり

やっと帰ってきた嫁と窓口に行ってみると結構な人がおり、整理券を再度取るように言われました。どんどん時間が過ぎていきますが、窓口の受付時間は11時30分までです。13~15日は祝日になるので受け付けてもらえないと4日後にまたチェンマイに来る必要が出てきます。
そんな話をしていると11時20分にやっと順番が回ってきて、さっき受け付けてくれた女性の窓口が開きましたので、コピーを提出すると申請受理票に各人の受付番号シールが貼られ3営業日の午後より結果が分かりますと言われ、申請は完了しました。

最後の最後に私と嫁が窓口の女性に「ありがとう」「サンキューベリーマッチ」「コップンカップ(カー)」と言うと、初めてすばらしい笑顔でにこやかに笑ってくれました。目がハートハート達(複数ハート)

とりあえず次は申請結果に続きます。

| | コメント (0)

2010年4月28日 (水)

ナムチム

リンク頂いている「タイで田舎暮らし」の日記でナムチムについて書かれていたので・・・

昨日ですが、地元の友人二人が、うちの嫁に初対面と言うことで私達夫婦を韓国料理でもてなしてくれました。

なぜに韓国料理になったかと言うと、美味しいと評判の韓国焼肉屋さんの話を小耳にはさんでいて、行ってみたいなと思っていたら、友人達は良くそのお店に行ってたようで、今回の宴席にあいなりました。

そこで、嫁の好みは大体分かってきていたのでセンマイ刺しや韓国のりや冷麺、焼肉等美味しくいただいたのですが、センマイ刺しの付けダレが、韓国のコチュジャン(唐辛子酢味噌)がタイのナムチムに似てるとかで大喜びでした。

で、センマイ刺しが無くなるころには小皿のコチュジャンをほぼ一人で使い切り、おかわりの小皿をもらい、その後の焼肉等にもそのコチュジャンを使って食べていました。

とりあえずうちの嫁は日本や他国の料理も、基本的な食べ方は試してみますが、一味唐辛子や今回のナムチムのように慣れた味で食べる方が多いです。

しかしながら、あんなに味の強いコチュジャン(ナムチムでも)いっぱいつけてたら辛味しか分からないような気がするんですが・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

その他に韓国鍋と呼ばれる、鍋の真ん中に穴が開いており、その穴に焼いた肉の余分の脂が流れ落ちるようになっている特殊な鍋でブタバラ肉やニンニク、キムチを焼き、大葉(エゴマ)や葱とコチュジャンをサンチュで巻いて食べる「サムギョップル」や、乾麺を入れて〆として食べる「プデチゲ」等を知ってはいたのですが食べるのは今回が初めてで、大変感激でした。

激旨でした。ヽ(*≧ε≦*)φ

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

披露宴編①~2度目の知人招へい~

先週は無事にチェンマイの在チェンマイ日本国総領事館に行って帰ってきました。わーい(嬉しい顔)

なんか行く前日に不幸にもデモ隊と軍の衝突で日本の方が亡くなられたようで滞在中と帰ってきてからかなりの方に心配されていました。phone tomail to

まあ、日本でも東北に居ると東京や大阪の事件は他人事なのですが、タイの場合もおりしも正月休みに重なっているので、行ったところはそんな危ない感じは全然しませんでした。晴れ

今回、嫁の披露を日本でするにあたりタイの嫁の両親と姉夫婦とチビ達の計6人を日本にご招待し、披露宴と日本観光をしてもらおうと計画しており、その第1弾として来れないと話にならないということで知人招へいすることに・・・合格マーク

なぜ知人として招へいするかと言うと嫁の両親であっても私は直接の血縁ではないので、親族招へいが私では出来ないのです。嫁が申請者になれば親族招へいも出来るのですが、めんどくさい書類すべてを嫁が書いたことにしなければならず、また主婦で現在無職な嫁はその親族の金銭的・日本国内における身元保証的な保証が出来ないので、私が申請することに。前回は嫁をフィアンセとして知人招へいしたので、2度目の知人招へいになります。

資料の詳細は次以降に書くとして、日本語と日本で出来る書類は、不明点は在チェンマイ日本国総領事館へ国際電話(skypeでほぼタダです)で確認し作成し控えまで準備し、残るはタイ側の日本呼びたい6人の書類等だけという形にしてタイへ飛びました。もちろん飛ぶ前に嫁にタイ側の書類に不備が無いよう何度も釘を刺しておきました。なぜなら到着する4月11日は日曜で休み、13日~15日まではタイの正月休みと私が一緒に行けるのは12日しかないからです。しかも受付時間は8:30~11:30の3時間のみです。

11日(日)の早朝(1:30は早朝と言うより深夜かな)に自宅を出発し、タイについたのは現地時間夜7時で、再会後皆で夕食を食べ、在チェンマイ日本国総領事館近くのホテルに総勢8名で宿泊しました。というのも、申請も許可後の受け取りも日本のパスポート同様本人が行く必要があるので、パヤオの実家から3時間かけてチェンマイまで出てきてもらっていました。

さて飯を食べた後、ホテルで嫁が長旅で疲れた(自宅→成田がバス4時間、成田→バンコクが飛行機7時間、バンコク→チェンマイが飛行機1時間、合間の待合6時間の計約17時間)からとホテル付きのタイ古式マッサージ師を呼んだので、あまりのリラックスでウトウトしてしまったのですが、ハッと気が付き、嫁にタイ側の書類(パスポート、IDカード、タビアンバーン(日本で言う住民戸籍票)の原本とそのコピー)に抜けが無いか確認し、日本で作った書類のそれぞれの申請書にサインを書かせろと・・・

すると、嫁もハッと思い出したように「これから全部コピー取らなきゃ」と言うではありませんか。( ゚д゚)ポカーン・・・orz
耳を疑いましたが、とりあえず嫁は家族全員に忘れ物をしないようにだけ言ってコピーは自分で取る気だったようです。
「おいおい今は夜の10時だぞ、どこでコピー出来るんだ?」と聞いたらこれから探すと・・・たまたまチェンマイ在住の親戚が会いに来ており、その人の事務所にコピー機fax toがあるということで事なきを得ましたがwww
結局コピーを取るのに1時間以上かかり、嫁が帰ってきたのは明日に成るという時でした。そっから必要書類とコピーを合わせて寝たのは1時過ぎ、明日は8時30分に現着するので7時前には起きないと・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ


長いので次に続きます。

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

健康診断

嫁にタイに居た時に健康診断のようなものを受けたかどうか聞いたら、そんなものは受けたことが無いと言いました。

日本に住むにあたって保険は社保の扶養に入れ、個別に女性用の生保を掛けました。

とりあえず若いので健康そうですが、サプリメントのように薬を飲みまくるのがタイ人なので一応健康診断を受けさせることに。

知り合いの病院にタイ嫁の説明をし、通常検診+婦人科検診+エコー検査(内視鏡だけは飲みたくないと外す)等を組み合わせてもらい半日コースに行ってきました。

おりしも郡山は満開の桜に大雪が積もるという摩訶不思議な大変寒い中病院まで・・・

ここで英語が出来る私たち(というか私たちの通常の会話は英語なんです)でも、医学用語の英単語が分からないのでネットでタイ語版の問診マニュアルをダウンロードして印刷して行きましたので、事なきを得ましたが、お医者さんは英語できても看護婦さんは英語できないので、付き添って行って本当に良かったです。(*^ー゚)bグッジョブ!!

ただ乳がん検診のマンモグラフィーや婦人科検診については私と言うか男性は受けることが無いので、何となく感覚で説明しましたが、マンモがかなり痛いらしく文句タラタラな上に、写りが悪かったとかでやり直しで大不機嫌でした。

結果は2~3週間後とのことなのでどうなることやら・・・

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

タイ王国の花

とある方から「日本が世界に誇る桜のようなタイ王国の花と言えば?」と聞かれたので・・・
Img_0876
実は私、タイ航空や様々な花園で「蘭(オーキッド)」が使われてるのでそれだと思ってました。なのでその写真です。
では本当のタイの国花は何の花なんだろうとネットで調べてみると諸説あるようで・・・

・「睡蓮」
 敬虔な仏教国でもあるタイ王国であり、熱帯でメコン川に代表される水源が多いためかな?

・「ゴールデンシャワー(ナンバンサイカチ)」
 藤の花が金木犀のように黄色くなった感じの花のようですが、残念ながら私は見た事ありません。

今までは食べ物の写真ばかりだったので、次からは花にも注目してみたいです。

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

タイで見かけた痛車

タイで発見した痛車というか痛バス達です。

Dsc01837Dsc01839 Dsc01841
中国同様著作権等あまり関係ないタイですので有名なキャラクター物も見かけますが、それ以外の独自のデザインも沢山見かけます。

「X JAPAN」って書いてあるけど・・・??

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

サワディー・ピー・マイ

披露宴編の途中ですが、一昨日(13日)のタイの新年(ソンクラーン)状況をご紹介します。あと題のサワディー・ピー・マイは日本で言うところの「あけましておめでとう!」です。

タイの新年は4月13日~15日の3日間に実家で行われるようです。
なので赤シャツのデモ隊も一部帰省したようでこの3日間のデモは鎮静化していたようです。

嫁の実家のあるパヤオ県で一番人の集まるパヤオ湖畔では道の両側に陣取った組と車上の組とに分かれ、水を掛け合います。
嫁の親戚の子供達は意気揚々とこの戦場に参加すべく、日本で言うところのピックアップトラックの荷台に私含め大人4人・子供4人が乗り合わせ出陣です。
私たちは、始め車上で道々の人や対向車に水を掛けていましたが、いかんせん大量に水を使うので大きな桶に補給が必要になります・・・なので後の方はパヤオ湖の水を発動機で組み上げてる所に陣取り無制限に掛けてました。
Dsc01875
写真はパヤオ湖畔にて通りかかる車に水を掛ける親戚の子達です。
ここで大人たちは時折参加したりしながら酒を飲み飲みながらタイの焼き鳥等をつまんでいました。もちろん私は両方に参加し全身ずぶ濡れです。そうなるのは聞いてたので濡れてはいけない物は一切持たずに参戦でした。この写真を撮るためのカメラ(携帯)は密閉できるビニール袋で参加しない人に預けてました。

午後からは嫁の実家のドッカハムタイ地区の水掛けに参戦です。
パヤオ湖から車で20分ほど離れているその町に行く途中も道々で水を掛け合いました。

Dsc01820
Dsc01828写真は、中央分離帯がある片道3車線ある道路を封鎖せんばかりの勢いで人が集まり、水を掛け合っているところです。
このお祭り(ソンクラーン)はもともとは仏様(仏像)の肩に新年を祝って水を掛けるのが始まりだったようですが、今ではそれを口実に人を見れば水を掛けてきます。
道端では花柄のソンクラーン衣装に身を包んだ大人たちはお酒を飲んで踊りながら行進してますが容赦なく水浸しです。

見てると楽しいし混ざりたくなると思いますが、外国人の参加は都市部だけをお勧めします。なぜって、ものすごく暑い(37~40℃)のところで水を掛け合うので体力の消耗が多いですし、その水が飲料水ではなく湖や池や川の水なので、衛生的に当たっちゃうかも・・・
あと驚かせるために氷水を掛ける人達も多く、氷水をバケツ一杯くらうと心臓止まるかと思うくらいビックリしますので。orz

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

披露宴編~序章~

タイと日本の披露宴について書いてみたいと思うのですが、明日というか日が変わったらそのままタイに旅立つので障りだけ・・・

タイでは既に結婚式と披露宴をやっているのですが、タイの結婚式に出席できた両親と妹夫婦のみ以外の日本の親戚は結婚式に出ていません。
なので、日本でも披露宴をやろうと思っています。
また嫁も白無垢を着てみたいと考えてるようですし・・・

その際には嫁側でも参列者が居ないと嫁が可哀想なんで嫁の両親と姉一家を結婚式前後の日本旅行をプレゼントしようと思い、今回タイの日本大使館(本当は在チェンマイ日本国総領事館)に行って皆を招待するための招へい申請をしてくるつもりです。
また、この時期はタイの新年行事があるときなんで嫁の実家で新年を迎えてみるつもりです。

と、いうことでタイに行ってきます~[m:12]

| | コメント (2)

2010年4月 9日 (金)

アイロン

いろいろなタイ関係ブログを見てもタイ人はアイロンがけが好きとのこと。

うちの嫁もご多分にもれずアイロンがけがしたいからアイロンが欲しいと来日早々おっしゃいましたので、近くのドンキホーテで買って常備することに。

私は日中の仕事着がスーツなもんで毎日ワイシャツを着ています。

そのワイシャツはいつもどうしてるんだというので、近くのクリーニング屋さんで1着130円だというとお金がもったいないから自分がアイロンがけをすると・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

それから週に1回くらいクタクタになりながらアイロンがけをしてくれています。というのも私の体が大きいのでワイシャツ(4L相当)がとても大きくて大変なんです。

とりあえずタイ嫁がアイロンがけ好きで良かった。(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (2)

2010年4月 8日 (木)

鳥ガラ

今日の夜飯に嫁はカオ・マン・ガイ(蒸鶏ご飯)をおもむろに作り始めました。

20100408194009

たぶん自分で食べたかったんだと思いますが、スーパーで鳥ガラを見つけたらしく嬉々として作ってました。

前回作った時は鳥手羽で出汁を取ったようで薄いと嘆いていました。

大変美味しくご飯と鳥とスープを食べたのですが、嫁が一番好き!?だったのは出汁を取った鳥ガラをフライドチキンのようにカブリつくことでした。

タイではマーケット等でも、肉だけではなく内臓等も余すことなく売ってますし、血なんかも料理に使ったりしているのを見てましたが、嫁は鳥ガラも綺麗に使い切っていました。

まあ、私も別にギョッとしてたわけではなく一緒に食べてましたwww(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

| | コメント (2)

2010年4月 7日 (水)

日本語学校

私たちの住む市は地方都市としては大きい方ですが、外国人向けの日本語学校がありません。

まったく無いわけではないようですが募集をしていなかったり、連絡が取れなかったりと・・・

なので、市役所(国際交流団体)が開催する日本語講座に入校させることにし、その初講座が本日あり参加してきたのですが・・・

市役所まで約2kmなので、初登校及び手続きがあるので私が車で送って行くことにしたのですが、帰りの時間に仕事が急に入ったので私の妹が迎えに行ってくれることに。

前日にその旨を嫁に話し、時間通りに家に嫁を迎えに来て車に乗せて移動すると・・・

携帯を忘れたと・・・なにかあった時にどうやって妹と連絡するつもりやネン!!orz

まあ無事に受講して帰ってきたようですが、同じタイ人の生徒が居なかったようであまり楽しくなかったと。

日本語を覚えに行くのであって遊びに行くのではないのですが。(;;;´Д`)ゝ

また、講師が私の名前を知っていたので友達かと聞いてきます。手続き書類に私の名前書いてるじゃん。ホントにタイ人は嫉妬深いですよね。(;´д`)トホホ…

| | コメント (2)

2010年4月 5日 (月)

調べない・・・

嫁だけなのかタイ人全般なのか・・・

嫁と生活していく上で必要になる書類や手続きをする際に、嫁に色々な事を聞くのですが自信満々で間違いをのたまいます。

まあ私自身がタイ人の嫁を持っている方のブログを読んだり、分からないことはネットで調べるタチなんで、確認の意味だけなんですが・・・

例えば、タイの税を聞くと自分が知らないからなんでしょうが「ない」とか。

ある手続きに必要ない書類が「必要だ」とか。

私が違うんじゃ?と聞くと、○○が「ない」って言ってるとか、「必要だ」と言ったとか・・・

他人任せで調べませんorz

そのせいで、嫁の実家のあるパヤオでしか改姓手続きできないと言ってるのに、タイ語⇔日本語の翻訳書類を作っている外国人とタイ人の婚姻手続き代行者の言うことを真に受けてチェンマイで出来ると言い張り続け、なんとか帰国までにパヤオに行き改姓出来ましたが、あやうくもう一度訪タイする必要が出来るとこでした。

私は嫁側が間違ってるの分かってたので、それ見たことかと(* ̄ー ̄*)

最近は私の確認の仕方を覚えたのか、先に「○○に聞いたら▽▽と言ってた」といいますが・・・頼むからネットででもなんでも調べてくれ!!!

| | コメント (2)

2010年4月 3日 (土)

食事のマナー?

嫁と食事をしていると日本とタイのマナーの違いで気まずい事になることが・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

日本は器を口に付けて食べるものがあります。例えば、みそ汁とかお茶ずけとか、飯をかっ込むときとか。

タイでは逆にマナーが悪いことになります。私はそれを知っているのでタイでは口を付けないように気を付けるようにしています。

でも嫁はみそ汁等をレンゲやスプーンを使おうと・・・

爪楊枝の使い方では、人前では手で隠すは同じですが、ほとんどの日本人は歯に詰まってた物が取れたら、食べてた物ですから、そのまま食べちゃう人が多いと思います。

タイでは取れた物をティッシュなどで拭って食べないとのこと・・・

嫁は私に日本でもそうしろと。でも今までやってきたことを、それも満腹後に無意識にしてることが多いのに、いきなり変えれないですよね~。

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »