« 微笑の国タイ | トップページ | タイの麺 その3:嫁が日本で作ったクッティアウ »

2010年3月21日 (日)

外国人登録

さて嫁の外国人登録についてです。

外国人登録とは、日本人が外国人と結婚しても、その外国人には日本の戸籍が無いので、私の戸籍にも備考欄に○○という名前の外国人と婚姻してるとしか書かれませんし、住民票には載りません。
そのため日本に(観光等の旅行者でなく)定住している外国人は外国人登録というものをして、誰がどこに住んでいるかを市町村で管理しています。
パスポートと専用の顔写真を持って、私たちの場合は郡山市に行くき登録すると外国人登録カードというものを発行してもらえます。ただ発行に10日位かかりますが無料です。
嫁の場合は、最初に日本で結婚しておりその際に私の戸籍に旧姓で登録されてるので、同時に私の姓に変更しました。

タイ人は本当の名前とあだ名を持っています。本当の名前は生れた時に周りに知れると(お化けに!?)誘拐されちゃうという迷信があるので日常生活によく出てくる短い言葉をあだ名にして日常使っています。
大人になってくると手続き等で本名を使いますし、パスポート等も本名でしか登録できません。
※タイの場合はタイ語がメインですが、パスポート等では英語表記も使います。綴りは適当な場合も多いです。間違ったままやその方が自分が書きやすい等の理由で??という綴りがあります。

で嫁の場合も本名はあるのですが私も嫁の家族も日常であだ名を使っています。なぜこの話をするかと言うと日本で外国人登録をする場合には本名以外に通称名というものを一つだけ使うことが出来ます。長い名前を短くしたり、日本人のような名前を付けたり、芸能人のような名前でも登録することが出来ます。
嫁は漢字にあこがれていたので漢字の名前を通称名にしたのですが、本名に当て字をすると暴走族やお寺の名前や戒名の様な漢字「例:寿羅楽」になるのであだ名に当て字をして通称名にしました。あだ名の当て字は素敵な意味の漢字を組み合わせて使っているので好評です。わーい(嬉しい顔)

ここで、登録する際の注意点なのですが、役所では日常にその名前を使っていることが証明されればそれを使用しても良いという判断をするようです。で、その証明するための物としてその名前で届いた郵便物だったり、通帳だったり、公の書類だったりします。
でも、日本に来て初めてする外国人登録でそんな書類があったら見てみたいです。それに通常銀行で口座を開設し通帳を作るとしてもパスポートや外国人登録証で名前を確認するので順序が逆になるんです。
ここいら辺変な制度だと思いませんか???exclamation & question
うちの嫁の場合は、日本に来る前に嫁に当て字の漢字を選ばせ、妹からその当て字の名前で手紙を出してもらい証明にしました。
まあ住所と名字あってれば郵便局等は届けてくれますからね・・・あせあせ

なぜこうなってるかと言うとどうも通称名はいつでも変更できるので、それを悪用して悪さをする在日の方や不良外国人が居たからと。まあ私が通称名のBig_Sで口座を開設して詐欺に使ったりしてすぐに別の市役所で外交人登録を新規にして通称名をMISTER-Sにしちゃう∞って感じかな。
日常使ってますって証明は私と同様のやり方ですぐに証明できちゃうから困りますね。
なんか正にお役所仕事ですね。

|

« 微笑の国タイ | トップページ | タイの麺 その3:嫁が日本で作ったクッティアウ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微笑の国タイ | トップページ | タイの麺 その3:嫁が日本で作ったクッティアウ »