« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の21件の記事

2010年3月31日 (水)

嫁の怖いもの

タイ人の嫁はオバケ(ピー)が怖いといいます。

タイに居る時に日本の「リング」とかのホラー映画をたくさん見たようで、日本にはオバケが居るから怖いといいます。

私からすれば、日本にオバケがもし居たとしても、言語と文化の違うタイ人嫁の前には出てこないと思うのですが・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

そんな嫁は家のトイレの前にある2階への階段が怖いといいます。

オバケが2階から見てるんじゃないかと思うらしいので、夜中トイレに行くのが怖いといいます。

でも、真っ暗なトイレで音楽を聴いているのは怖くないようです。

嫁いわくトイレは壁に囲まれているので、見られる心配が無いと・・・なぜ暗いトイレが好きなのかは謎ですが。

オバケなんだからどっからでも入れると思うのですが、日本人とは考え方が違うようです。(≧∇≦)

| | コメント (8)

2010年3月30日 (火)

炊事

うちの嫁は朝・昼・晩と色々と考えて食事を作ってくれる出来た嫁です。o(*^▽^*)o

しかし日本とタイでは文化というか環境が違うので少々困り事が・・・・

それはタイでは気温が高いので水分がすぐ蒸発するということです。

ちなみに私たちの住む福島県は関東に一番近いとはいえ東北です。なので気温が低いので水分はなかなか蒸発しないうえに、家は古い木造の一軒家を借りているので、下手をするとカビたり腐ったりしちゃいます。

嫁は日本人のように丁寧に拭うという行為がなかなか出来ないようで、色々な水滴がテーブルの上や床にこぼれて濡れています。

今はまだ冬で寒いので良いのですが、梅雨の時期が来たらと思うと・・・(A;´・ω・)アセアセ

| | コメント (2)

2010年3月28日 (日)

再入国許可申請

外国人登録の日記で嫁が日本に入国し、日本での所在と通称名を登録したのでこれで大手を振って日本に居れるわけなんですが・・・

しかしながら嫁が申請し取得している在留許可とビザは日本人配偶者として日本に1年間定住することが許可されてるだけです。
なので、その期間中に日本国外に出てしまうと、例え旅行等で近場の韓国でも母国のタイでもその許可を既に享受しているので日本に帰ってきても入国できません。ここで保障されてるのは1年間ではなくて1度(最長1年間)ということです。

1年間過ぎると1度帰国して再申請するのかと言うとそれは時間とお金の無駄ということで滞在期限の切れる前に延長申請できるので日本国内で完結するので若干とはいえ便利です。

話を戻して、現在のままの状態だとタイへ一時的に遊びに行っても在留許可が無くなってしまうので、入国管理局(私たちの場合は仙台入国管理局管轄の郡山出張所)へ期間内に海外に出るけども帰国しますよと言う申請をしに行く必要があります。
その申請には1年間に1回限りの再入国をするという許可と、何回か再入国するという数次許可があり、1回が収入印紙3,000円分で数次が収入印紙6,000円分です。
私たちは1回にしといてまた行くことになった時の手続きがメンドイので数次を取得しました。
そうすると嫁のパスポートにその旨のシールが貼られ即時に完了です。
Visas 

というのも4月12~15日までがタイの新年に当たるので嫁の実家に帰ろうと企画してるので・・・飛行機

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

ある日のタイでの朝食

嫁の実家に滞在しているときの朝食です。

Dsc01592 こんな風に盛り付けると北タイのランナー料理カントークみたいです。(*゚ー゚*)

嫁の実家の2件隣位から朝市の露店が出ているので、そこから購入してきたり、近所に親戚いっぱいなのでおかずを持ち寄って大勢で朝食を囲みます。

鳥唐揚げ(ガイ・ヤーン)や豚足等に中央のナム・プリックを付けて食べてます。

右に見える緑色の料理は沖縄料理で有名な苦瓜のゴーヤです。やっぱりタイも暑いので育つようで嫁のお母さんの好物だそうです。

日本と同じで苦いですが癖になる美味しさです。

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

嫁が日本で気に入ったもの

文化が似ているようで大きく違い、タイと真逆の冬に来日した我が嫁ですが、自分でつくる食事はタイ飯オンリーなのですが、日本食で気に入ったものもあります。

もちろん作れないので連れて行けとねだってきますが。┐(´-`)┌

・家の近くにあるチェーン店のラーメン屋のエビワンタン麺と餃子

 これは麺が好きといって温泉卵をトッピングして食べてます。餃子はニンニクとラー油と醤油・酢たっぷりで・・・でもいつも日本のラーメンは多すぎると言って残しています。

・回転寿司

 必ずフライドポテトを頼みますが、いつも4or5皿しか食べれないので、メニューとにらめっこしながら色々な寿司にチャレンジしてます。嫁にとって外れとなる皿は私が片付けます。ちなみにワサビはあまり好きでないようで醤油に七味唐辛子で食べてます。

・天ぷら

今のところエビとイカ限定ですが一味唐辛子で食べてます。

逆に生卵かけご飯とすき焼きの溶き卵は私の母の前では無理して食べていましたがダメなようです。納豆も私が毎日食べてるのですが嫌な顔してますね。

| | コメント (5)

2010年3月23日 (火)

タイの麺 その3:嫁が日本で作ったクッティアウ

嫁が日本に来るときに大量に持ってきたものの一つに、タイ米粉極細麺センミーの乾麵があります。

それを使ってタイの屋台のように、家で麺料理を嫁は作っています。

Dsc01690 写真はセンミー・ヘーング・ムーです。

嫁は一緒についてるスープでナームにしたようです。

ここに唐辛子と酢を加え頂きました。

どうも私は日本人感覚で麺に砂糖をかけて食べたいと思わないので・・・

本当の美味しさを理解していないのかも(A;´・ω・)アセアセ

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

外国人登録

さて嫁の外国人登録についてです。

外国人登録とは、日本人が外国人と結婚しても、その外国人には日本の戸籍が無いので、私の戸籍にも備考欄に○○という名前の外国人と婚姻してるとしか書かれませんし、住民票には載りません。
そのため日本に(観光等の旅行者でなく)定住している外国人は外国人登録というものをして、誰がどこに住んでいるかを市町村で管理しています。
パスポートと専用の顔写真を持って、私たちの場合は郡山市に行くき登録すると外国人登録カードというものを発行してもらえます。ただ発行に10日位かかりますが無料です。
嫁の場合は、最初に日本で結婚しておりその際に私の戸籍に旧姓で登録されてるので、同時に私の姓に変更しました。

タイ人は本当の名前とあだ名を持っています。本当の名前は生れた時に周りに知れると(お化けに!?)誘拐されちゃうという迷信があるので日常生活によく出てくる短い言葉をあだ名にして日常使っています。
大人になってくると手続き等で本名を使いますし、パスポート等も本名でしか登録できません。
※タイの場合はタイ語がメインですが、パスポート等では英語表記も使います。綴りは適当な場合も多いです。間違ったままやその方が自分が書きやすい等の理由で??という綴りがあります。

で嫁の場合も本名はあるのですが私も嫁の家族も日常であだ名を使っています。なぜこの話をするかと言うと日本で外国人登録をする場合には本名以外に通称名というものを一つだけ使うことが出来ます。長い名前を短くしたり、日本人のような名前を付けたり、芸能人のような名前でも登録することが出来ます。
嫁は漢字にあこがれていたので漢字の名前を通称名にしたのですが、本名に当て字をすると暴走族やお寺の名前や戒名の様な漢字「例:寿羅楽」になるのであだ名に当て字をして通称名にしました。あだ名の当て字は素敵な意味の漢字を組み合わせて使っているので好評です。わーい(嬉しい顔)

ここで、登録する際の注意点なのですが、役所では日常にその名前を使っていることが証明されればそれを使用しても良いという判断をするようです。で、その証明するための物としてその名前で届いた郵便物だったり、通帳だったり、公の書類だったりします。
でも、日本に来て初めてする外国人登録でそんな書類があったら見てみたいです。それに通常銀行で口座を開設し通帳を作るとしてもパスポートや外国人登録証で名前を確認するので順序が逆になるんです。
ここいら辺変な制度だと思いませんか???exclamation & question
うちの嫁の場合は、日本に来る前に嫁に当て字の漢字を選ばせ、妹からその当て字の名前で手紙を出してもらい証明にしました。
まあ住所と名字あってれば郵便局等は届けてくれますからね・・・あせあせ

なぜこうなってるかと言うとどうも通称名はいつでも変更できるので、それを悪用して悪さをする在日の方や不良外国人が居たからと。まあ私が通称名のBig_Sで口座を開設して詐欺に使ったりしてすぐに別の市役所で外交人登録を新規にして通称名をMISTER-Sにしちゃう∞って感じかな。
日常使ってますって証明は私と同様のやり方ですぐに証明できちゃうから困りますね。
なんか正にお役所仕事ですね。

| | コメント (0)

微笑の国タイ

旅行会社や旅行冊子等でタイを一言で言うと、「微笑の国」か「アメージングタイランド」が標題に来ることが多いと思います。sun

今回はその微笑について書いてみようかと・・・でも「タイ文化」ではなく「日々」カテゴリなんで嫁がらみですので他のタイ人には当てはまらないかも。coldsweats02

日本人の場合、仕事時はもちろんのこと、ちょっとでも重要度が高い会話は真剣に話すので真剣な顔つきになると思います。また、日本ではそうしないと真剣さが足りないとなることも・・・

で、タイ嫁との会話中(嫁は日本語できないし、私はタイ語できないので英語が二人の会話になります)に込み入った話や良く意味がわからない話になると、聞きなおしたり聞きながら色々な場合を想定して会話することになります。その時に営業をしている仕事がらもあるのですが顔に真剣身が出てしまいます・・・

そうすると私の顔の表情の変化を嫁は読み取り、「怒ってるの!?」と聞いてきます。

私に全然そんな気はないですし、上記で書いてるように真剣に考えているので「怒ってないよ」と答えるのですが・・・何度も「怒ってる!」と言われると言い返す度に語気が強くなりしまいには「怒ってねー」と怒ったようになっちゃってます。(ノ∀`) アチャー

ひどい時には私が【怒ってる】→【理解してくれていない】→【悲しい】→【泣く】→【すねる】→【不貞寝】と急激にレベルが上がって行きます。(;´д`)トホホ…

そうなったらひたすら謝るしかないのですが、私の方が泣きたくなるかも・・・(´Д⊂グスン

で、その真剣な顔について嫁と話したら、タイでは真剣な顔は怒っているときにしかしないと。なので、他の場合は表題のとおり微笑んでると。

その話を聞き、私は家の中ではタイ人になろうと。ただ単に何も考えなくヘラヘラしてるのが喧嘩をしないコツなんだ、何かあった時は「マン・ペン・ライ」で行くことに。

| | コメント (2)

2010年3月17日 (水)

安眠目的!?

タイ人がタイの蚊に刺されないのは、バジル等のハーブを幼少のころから食べてるので、その匂いが蚊を退けてると言う説があります。

なので、プ~ンプ~ンと蚊が飛んでいても気にしませんが、そのハーブの匂いがしない日本人の私は蚊に刺されまくります。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

なので嫁が準備してくれたのは日本でいうところの蚊帳です。

Img_4450 でも、この蚊帳ですが傘のようになっていてしまうのが楽チンでした。

で、疑問なのですが蚊に刺されないタイ人も日常寝るときに使ってるようです。

やっぱりタイ人も寝てる時のプ~ンという羽音が嫌いなのかな??

| | コメント (4)

2010年3月16日 (火)

2010年2月25日(木)訪タイ~7日目(到着)日本入国

本日2つめの日記になります。

さて嫁の日本入国についてですが、日本到着まではトラブル編を読んでいただければ右往左往のてんやわんやで大変な目にあったということを書きましたが、最終関門は成田空港の入国審査になります。

朝起きて朝食後、飛行機が成田に到着するまでに外国人が書かなければならない入国用の紙を書かせ、機内は暖かいのですが、日本は寒いだろうからとユニクロで買ってあげたヒートテック下着やらフリースやらダウンジャケットなど完全防寒に着替えさせ、いざ到着となりました。飛行機

が、思いのほか2/25(木)の東京は暖かく(羽田では濃霧で着陸が出来なかったそうです)成田空港の入国審査までの長い距離を歩いた嫁は、防寒+歩いたことによる体温上昇でめったに汗をかかないタイ人が汗だくになってました。あせあせ

で、入国審査場では日本人はさっさと日本人用の窓口でさほど並ばずに抜けて行っておりますが、外国人用は3つの窓口しかなくすごく並んでいました。
入国客を日本人と外人とを見分け窓口に誘導しているおばちゃん係員に「嫁が外国人で一緒に審査を受けたいので日本の窓口でもよいですか?」と聞いたところ外国人用窓口に行ってくれと言われ並ぶことに。
そのうちに日本人がほとんど抜けてしまったので、空いてる窓口に行くように言われ行ってみると、優しそうなお嬢さんでした。(お嬢様ではなく私より若そうなのでお嬢さんです。)
そのお嬢さんにカクカクシカジカと(嫁と結婚し在留許可を得たので一緒に帰国したこと、過去に1度知人招へいで日本に来ていること、その時から結婚したことにより名字が変わりパスポートが再発行されていることetc)丁寧に説明しながら嫁のパスポートを現在過去の2冊提出し指紋スキャンを受けたらあっさりと入国させてくれました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

その後、税関審査なのですが嫁と2人でカートにスーツケース2個とダンボール2個、それぞれにカバンを持って審査台に行きパスポートを見せ、嫁を連れて帰ってきたことを告げました。
すると係官は「ダンボールの中は何ですか?」と聞くので、「嫁が初めて日本で済むので、タイの麺や調味料等です。」と答えたら、「日常自分の家で使うものですか?」と言うので「そうです」と言うと、こちらもあっさり通してくれました。

ということで、飛行機に乗るまでが大変すぎたので入国に関しては拍子抜けするほど簡単に終わりました。
たまに入国審査で引っかかり、強制送還されるという話を聞くのでドキドキしてたのですが・・・まあ、大事に至らなくてよかったです。

| | コメント (0)

タイで宿泊するホテル

嫁の実家のあるパヤオ県はパヤオ湖が有名な観光地である。

Dsc01391

Imag0665

その湖畔近くに、訪タイ時によく使うホテルがゲートウェイホテルである。

Imag0664

嫁の実家があるところなのになぜにホテルを使うかというと、タイでは「女性が結婚するまでは男性は同じ屋根の下で寝てはいけない」というシキタリがあるので結婚するまでは実家に泊まれませんでした。

また結婚してからも、嫁の実家にはエアコンが無いし、温水が無く水シャワーなので、嫁が泊まるのに快適でないだろうからとホテルを使うことを勧めるからです。

ちなみに一度も実家に泊まったことが無いかというとそういうわけではなく、ちゃんと嫁の実家にも泊まったことはあります・・・温水器を私が買ってプレゼントしました。spahappy01

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

嫁が作るお弁当

本日は嫁がお弁当を作ってくれた。

20100315204332

弁当箱等は嫁の大好きな100円ショップで買いそろえたようだ。

ご飯は私は基本麦飯を食べていて、嫁もそれなりに気に入ったようなので毎日普通に食べているものを詰め、その上にカイ・ダオ(目玉焼き)がのっている。

おかずは焼きそばと春雨の激辛炒めだった。

焼きそばは麺とソースがセットの日本の物をスーパーで買ってきたようで、普通の焼きそば。

春雨は唐辛子と辛子高菜と卵で炒めてあり、上の赤い×マークはパプリカではなく唐辛子である。

美味しかったし腹にたまったが、なぜに炭水化物3兄弟なのかが謎である。(;´д`)トホホ…

俺をさらにメタボにする気なのだろうか!?

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

タイ人は綺麗好き!?

私の嫁だけかもしれませんし、私の独断と偏見が入っているかもしれないので、違うかも・・・・coldsweats01

うちの嫁は綺麗好きなのか部屋の中に物が置いてあるのが嫌いみたいです。

・机の脇にカバンを置くと本棚や収納ケース等にしまっちゃいます。

・本なんかも置いてあるのが嫌で本棚にしまいます。

・机の上に色々なもんが置いてあるのが嫌で引出しにしまっちゃいます。等々

でも、なんか日本人の綺麗好きとはちょっと違うようです。

自分と他人の眼につく所に物を置きたくないようで、戸棚や本棚や収納ケース、引出し等にポンポン放り込むだけで、どこに何を入れたか覚えてないし、整理されていません。

どこにあるか分からなくなって私に聞くこともあります。coldsweats02

車の中でも、目につくところにゴミがあるのは捨てようとしますが、ゴミ箱や袋がないとダッシュボードやドア脇のポケットなんかに入れちゃい終わりです。

嫁の実家に居る時もそんな感じだったので、タイ人はそんな感じなのかな?と思っていますが他の人はどんな感じでしょうか?

| | コメント (2)

2010年3月11日 (木)

タイの果物

タイは南国ですので日本と比べ物にならないくらいの果物があります。

日本にも輸入されたり栽培されていて身近な果物以外も・・・

Imag0030手前は皆さん良く御存じのバナナ【クルゥワイ】

トゲトゲしたのは悪臭の王ドリアン【トゥーリアン】 独特のにおいですぐに売ってることが分かります。

奥のうっすら黒筋の丸いのは日本同様スイカ【テー・モー】

Imag0032左のムックのような赤いモジャモジャはランブータン【ンゴォ】中は白地に黒いツブツブではじめて見るとビックリ。

中央の爆弾のような黒っぽいのはマンゴスチン【マン・クウッ】中にほっくりしたニンニクのような形の身が入っています。味はニンニクとはぜんぜん関係ないです。

たぶん奥の黄色っぽい実はマンゴー【マム・ワン】かパパイヤ【マラコー】かな。

Dsc01596 これはたぶんタマリンド【マー・カム】酸っぱいです。

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

2010年2月24日(水)訪タイ~6日目(帰国日)空港トラブルその3

嫁のタイ航空の日本行のチケットがキャンセルされてたトラブルの件ですが・・・その1で最後に言葉を濁したというか思い当たる節があったのでその件について

私の方でその要因として一つの事が想定されたのですが、私の知り得ないもう一つの要因も有ったようなのでどっちが関係していたのかは今でも知りませんし、違う理由があるかもですが・・・

知りえない要因については、他の方の日記を見ていたらなんとその日(2/24)に、タイのバンコクのスワンナプーム空港でシステム障害が有ったとかで出国審査が激混み(私たちも遭遇しタイ人専用窓口で時短しました)だったらしい。なのでそのシステム障害の影響でダブルブッキングになったのかもしれないです。

それ以外の私が思い当たる要因ですが、実は嫁の場合今回日本に定住するためにタイから日本に来るわけですが、航空機チケットはタイ(チェンマイ→バンコク)→日本(成田)の片道になります。
日本のタイ航空のWebサイトでは片道は手配できるのですが、反対の日本→タイしか買うことが出来ません。つまりシステム上買えません。(コールセンターに電話すれば買うことは可能なようです)
反対側を買う場合にはインターナショナルなWebサイトで購入する必要があるみたいです。
で、調べてみるとタイ(チェンマイ→バンコク)→日本の片道チケットは季節性もありますが日本円で約8万しました。往復で約16万です。
ちなみに日本のサイトで往復を調べてみたら約6万5千円でした。
日本人って安く買えてるんですね!!わーい(嬉しい顔)
なので私と嫁の2人分の往復旅券を手配し、嫁の行き分のチケットを捨て(お金的に)ました。
事前にサービスセンターと当日窓口で、行きのチケットは使わないけど帰りのチケットは使うで問題無いかと確認したところ問題無いとのことだったのですが・・・
もしかするとeチケットで発券されてないから行き分をキャンセルされたときに全部キャンセルされちゃったのかもしれません。
真相は分かりませんが・・・あせあせ

| | コメント (2)

2010年3月 9日 (火)

嫁にとって初めての降雪

2月25日に日本に上陸した嫁。airplane

たまたまその日が暖かく、その後も極寒になる日はあまりなかったので、「あなたは日本はすごく寒いと言っていたけど全然寒くない」とのたまわれた。

本日は朝から冷え込み、昼からちらほら雪が舞い始め、夕方には吹雪に・・・snow

吹雪の寒さを体感した嫁は家から出ようとはしなくなったし、家の中でも「寒い」を連発。

寒くなって善かったのか悪かったのか・・・orz

| | コメント (2)

2010年3月 7日 (日)

虫料理その2

今回の訪タイで見かけた虫たちと料理を紹介します。

が、タイに住んでいた嫁は実家近辺で食べていた虫たちについては詳しいのですが、食べたことない虫たちも居るようです。

まずは今回食べたのは蜂の幼虫ですが、

Imag0654

蜂の巣の輪切り状態で葉っぱに包まれて売られています。

Dsc01608

それを買って帰り、どうも両面を焼いたもののようです。

焼いてはあるものの中身は液体状で、味は蜂蜜よりは水っぽく、ほんのり甘い牛乳のような感じです。

これを嫁たちはご飯のおかずにしておりましたが、私としてはご飯のおかずにはなりませんがオヤツとしてなら美味しいと思いました。

次は蜂の幼虫と一緒に売っていた赤蟻の卵です。

Imag0652

これについて嫁はのどに引っかかるのか・痛いのか嫌いだから食べないと言っていました。

なので食べてないです。次回はチャレンジしたいと思います。

最後はたぶんカメムシ!?

Dsc01595

熱を通してあるのか赤や桃色になってます。

これに関しては嫁も知らないと・・・

よくパクチーがカメムシの味だという人がいますが、これを食べるとパクチーの味がするのでしょうか?

売り子のおばちゃんは盛んに「アロイ アロイ」って言っていましたが、買わずに帰ってきました。

私も市場で売ってるの始めてみたので次のチャンスはあるのかな???

| | コメント (2)

2010年3月 6日 (土)

タイの麺 その3:セン・レック・ヘーング・ルークチン

タイ飯ねたです。noodle

タイでよく食べるクッティアオですが、たまには汁無しで・・・

Dsc01585タイの麺は麺の太さと種類、そして具を選べますが、スープも有・無を選べます。

日本でいうところの油そばに近い感じです。

汁有りの場合は味付け調味料を出汁で割る感じですが、汁無しは調味料のみって感じです。

このときは太麺に魚肉の団子を添えて食べましたが、つるつるって感じではなく焼うどんのような感じで箸にまとわりつきます。結構食べ応え有りますよ。happy02

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

タイの麺 その2:クッティアウ・ナム・トゥック

タイ飯ねたです。noodle

嫁の大好物のクッティアウ・ナム・トゥックという麺です。

Dsc01580スープに牛の血が入っておりスプラッタ色・・・というか日本ではあまり見ない色あいです。

仙台や名古屋の赤味噌を使った赤出汁の濁った感じです。

中国の影響を受けてるのか花椒(ホウジャオ)と呼ばれる山椒が入っているようで、味はちょっと漢方っぽいです。

クッティアウは麺類を意味するので、米粉の極細麺ならセン・ミー、細麺ならセン・レック、太麺ならセン・ヤイ、小麦麺ならバー・ミー等があるので自分の好きな麺を選択します。

写真の物はセン・レックを選択して、具に牛モツが入っております。

嫁が大好きなので、この麺もタイ滞在中は2回食べました。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

タイの麺 その1:カオ・ソーイ

タイ飯ねたです。noodle

嫁はタイの北部地方パヤオ出身で、大学時代は北部地方の大都市チェンマイに住んでおりました。

そのタイ北部地方を代表する麺といえばこのカオ・ソーイではないでしょうか?

Dsc01628ココナッツミルクの風味たっぷりの辛過ぎないカレーの汁に日本のラーメンを彷彿させる黄色い麺の、通常の麺がスープの中に、そして揚げた麺がトッピングとしてのっています。

ここにマナオというタイのレモンを絞り、紫の小さな生タマネギの千切りとネギやパクチーやドクダミといった香草と、タイの漬物のような物とプリック(唐辛子)をトッピングして混ぜて食べます。

今回、5泊6日の訪タイでも3杯は食べました。日本のカレーヌードルとは違った独特の風味ですが大変美味しく頂きました。happy02

でも、暑いところで食べると汗かくので大変です。coldsweats02

| | コメント (2)

2010年3月 1日 (月)

2010年2月24日(水)訪タイ~6日目(帰国日)空港トラブルその2

帰国する為のトラブルその2とは・・・

乗り継ぎチケットが入手できなかったのでタイ国内便でチェンマイ→バンコク移動した訳なんですが、バンコクで国際便にチェックインする前にチェンマイで預けた荷物を受け取り、また預けなおす必要があったのですが、荷物をカートに全部載せて移動させてるときに何とも臭い匂いがどこからか・・・[m:80][m:54]

最初は人がいっぱいいるからどっかから流れてきてるんだと思ったのですが、どうも前方から、それも荷物あたりから匂ってるではないですか!!!

どうやらお土産にと持たされた段ボール箱2個のうちの一つから、なんだか嗅いだ事の無い、発酵したような酸っぱいような・・・

嫁に聞いたところ、その段ボールは姉から持たされた義理の姉(姉の旦那のお姉さん)へのお土産のようです。義理の姉は私も会ったことあるんですが、日本人と結婚し結構長いこと日本に住んでいるのですが、最近出産したこともあり久方タイに帰省していないようなので、タイの食材が恋しいらしく頼んだ物のようでした。

中に何が入っているのかは嫁の説明ではいまいちピンときませんでしたが、日本に入国する際に絶対に検疫もしくは税関で止められそうな臭さです。そこで嫁にこのままだと検疫を受け、禁止物が入っていた場合「没収か罰金だ」というと、窓口のお姉さんに相談しどっかに行く指示を受け走って行ってしまいました。[m:215]

帰りのチケットをまだ私は受け取ってませんでしたので、受け取ると荷物のタグを3枚出しています。で、私達の各々のスーツケースに1枚づつ付け残りの1枚は嫁が持って行ったボックス分だと言っていますので、私はてっきり1箱破棄するのかと思い、走って行った嫁を探すと・・・[m:160]

空港入り口で段ボールを開け、中の物を全部出し、匂いをかいで悪臭の素を特定していました。原因はなんか野菜のようでした。野菜でも検疫の対象になる場合があると検疫のパンフレットに書いてあったような気がしたので、どうするか見てたら捨ててました。
そして、荷作り屋さんに段ボール箱2つをビニールラッピングで大きい1つにしてもらっい、三重くらいにガッチガチに包まれ、ビニールの匂いだけに。[m:30]

その結果無事に日本にも持って行けたし、税関で質問されるも自宅で使う食材の説明をしたらアッサリ通してくれました。[m:58]

まあ開けてもすごい量の唐辛子とタイ独特の調味料だらけなんですが・・・ソーセージとかも持ち込み駄目のようですね・・・サイ・ウアってどうなんだろ??

とりあえず今のところ五勝一敗で税関を通ってます。
まあ危ないものは殆んど無いんですが、一敗の時は一人旅で申告物無し(酒やタバコ等)だったのでなんか怪しまれたようです。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »