« タイで宿泊するホテル | トップページ | 安眠目的!? »

2010年3月16日 (火)

2010年2月25日(木)訪タイ~7日目(到着)日本入国

本日2つめの日記になります。

さて嫁の日本入国についてですが、日本到着まではトラブル編を読んでいただければ右往左往のてんやわんやで大変な目にあったということを書きましたが、最終関門は成田空港の入国審査になります。

朝起きて朝食後、飛行機が成田に到着するまでに外国人が書かなければならない入国用の紙を書かせ、機内は暖かいのですが、日本は寒いだろうからとユニクロで買ってあげたヒートテック下着やらフリースやらダウンジャケットなど完全防寒に着替えさせ、いざ到着となりました。飛行機

が、思いのほか2/25(木)の東京は暖かく(羽田では濃霧で着陸が出来なかったそうです)成田空港の入国審査までの長い距離を歩いた嫁は、防寒+歩いたことによる体温上昇でめったに汗をかかないタイ人が汗だくになってました。あせあせ

で、入国審査場では日本人はさっさと日本人用の窓口でさほど並ばずに抜けて行っておりますが、外国人用は3つの窓口しかなくすごく並んでいました。
入国客を日本人と外人とを見分け窓口に誘導しているおばちゃん係員に「嫁が外国人で一緒に審査を受けたいので日本の窓口でもよいですか?」と聞いたところ外国人用窓口に行ってくれと言われ並ぶことに。
そのうちに日本人がほとんど抜けてしまったので、空いてる窓口に行くように言われ行ってみると、優しそうなお嬢さんでした。(お嬢様ではなく私より若そうなのでお嬢さんです。)
そのお嬢さんにカクカクシカジカと(嫁と結婚し在留許可を得たので一緒に帰国したこと、過去に1度知人招へいで日本に来ていること、その時から結婚したことにより名字が変わりパスポートが再発行されていることetc)丁寧に説明しながら嫁のパスポートを現在過去の2冊提出し指紋スキャンを受けたらあっさりと入国させてくれました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

その後、税関審査なのですが嫁と2人でカートにスーツケース2個とダンボール2個、それぞれにカバンを持って審査台に行きパスポートを見せ、嫁を連れて帰ってきたことを告げました。
すると係官は「ダンボールの中は何ですか?」と聞くので、「嫁が初めて日本で済むので、タイの麺や調味料等です。」と答えたら、「日常自分の家で使うものですか?」と言うので「そうです」と言うと、こちらもあっさり通してくれました。

ということで、飛行機に乗るまでが大変すぎたので入国に関しては拍子抜けするほど簡単に終わりました。
たまに入国審査で引っかかり、強制送還されるという話を聞くのでドキドキしてたのですが・・・まあ、大事に至らなくてよかったです。

|

« タイで宿泊するホテル | トップページ | 安眠目的!? »

訪タイ記録編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイで宿泊するホテル | トップページ | 安眠目的!? »